陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.05.30 Wednesday

ツヤのある葉のエケベリアは、あまり好みではないけれど・・・・・。

0

     

    今春もエケベリアの交配や自家受粉を試してみましたが、収穫して袋に入れて乾燥させていた

    種子を品種ごとに白い紙の上に集めました。そして結果が見てみたい種子だけを蒔いてみました。

    自家受粉はリンゼアナを、交配種はリンゼアナ×レッドエボニーほか数種類を蒔きましたが

    パキポディウムとともに発芽が楽しみです。写真は今年初めに入手したエケベリアの交配種・黒バラ×ザラゴーサ、

    アガボイデス系でしょうか、ツヤのある赤黒い葉が水をあげたら明るく薄い色合いに変わってきました。

    秋まで大きく、元気に育って冬の寒さで再び赤黒い渋い色合いに変わってほしいものですね。

     

    エケベリアの交配種・黒バラ×ザラゴーサ

     

     

     

     

     


    2018.05.27 Sunday

    やっとしっかりとした苗に育ってきたメキシカンジャイアントの交配実生苗。

    0

       

      この交配種も春先に群生株から植え替えて日当たりの良い庭先で育ててきました。

      先日その様子を見てみたら植え替えた時よりしっかりとして鮮やかな色合いに染まっていました。

      まだカタチはメキシカンジャイアントでリンゼアナの色合いという感じですが

      今回は幸いにも、たくさんの苗が育っているので色んなタイプに育ってくれそうです。

      発芽から二年経った来春にも数種類のタイプをセレクトしてブログでご紹介したいと思います。

       

      2017年春のエケベリア交配実生苗♀メキシカンジャイアント×♂リンゼアナ

       

       

       

       

       


      2018.05.26 Saturday

      発芽から一年、鮮やかな色合いに染まってきた交配実生苗。

      0

         

        春先に群生株から植え替えて庭先で育ててきたエケベリアの交配種♀コロラータ×♂クスピダータ、

        真っ赤な葉先が鮮やかに染まっていました。まだグリーン系の葉色ですがコロラータ系の白い色合いに

        変わってくれるのでしょうか。交配した実生苗の変化にはいつも驚かされることが多いので

        葉数が増えて大きくなった二年後の完成株に期待したいと思っています。

         

        昨年の交配実生苗エケベリア♀コロラータ×♂クスピダータ

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        2018.05.25 Friday

        自家受粉の交配種エケベリア・ザラドニスが大きく育ってきました。

        0

           

          二年前の春の自家受粉させて種を蒔き育ってきたエケベリアの交配種ザラドニス(ザラゴーサ×プリドニス)、

          親株とは多少異なりますが厚い葉とプリドニスのような赤い縁取りが特徴の苗に変わってきました。

          ザラゴーサの影響でしようか葉先の爪もしっかりとしています。今秋にはどのような色合いに変わっているのか

          親株のザラドニスと比較して楽しみたいと思います。2015年春はたくさんの交配種づくりを試し、

          2016年は原種や交配種の自家受粉を試しましたが、いずれも実生苗は枯れることがあまりありませんでした。

           

          自家受粉で育ったザラドニス(ザラゴーサ×プリドニス)

           

           

           

           

           


          2018.05.22 Tuesday

          日差しが強くなって鮮やかな原種エボニーの交配実生苗。

          0

             

            四月初めから受粉させたエケベリアの交配種の種子を昨日はほとんど収穫しました。

            まだ袋に入ったままなので種子の出来などの確認はしていませんが、もう少し乾燥させて開いてみたいと思います。

            エケベリアより早く、パキポディウムのグラキリスなど数種類の種蒔きを始めましたが、連休中に蒔いた

            グラキリスは60パーセントほど発芽していました。昨年は秋蒔きだったので、春蒔きの結果が楽しみです。

            写真は昨年の交配実生苗♀原種エボニースーパークローン×♂原種エボニー、以前もご紹介しましたが

            群生株から植え替えて庭先に移したら、春からの日差しが強くなって更に鮮やかに色づいてきました。

             

            2017年春の交配実生苗♀原種エボニースーパークローン×♂原種エボニー

             

             

             

            同じ交配式の異なるタイプの実生苗

             

             

             

            同じ交配式の異なるタイプの実生苗

             


            2018.05.21 Monday

            10年前に初めて出合った美しいリンゼアナがエケベリアを育てるきっかけになりました。

            0

               

              初めてリンゼアナを入手して育て始めたのはもう10年ほど前、堀川カクタスガーデンさんから送っていただきました。

              小さな苗でしたがとっても美しくて輝くような存在感がありました。エケベリアに魅かれるようになったのも

              そのリンゼアナがきっかけでした。まだ多肉ハウスを始めていない時期だったので自宅の庭や大阪市内の事務所の

              バルコニーで少しずつ種類を増やしていきましたが、暑い夏を乗り越えるのに悪戦苦闘した思い出があります。

              実生苗や交配種などリンゼアナ系が多肉ハウスで多いのは、10年前の美しいリンゼアナとの出会いかもしれません。

              写真はカットした親株から生まれてきたリンゼアナのカキ仔、一年経ってかわいい群生苗に育ってきました。

               

              堀川カクタスガーデンさんからのリンゼアナではありませんが、綺麗に育ったカキ仔のリンゼアナ

               

               

               

               

               

               

               


              2018.05.18 Friday

              葉数が増えてバランスよく育ってきた多肉ハウス生まれの交配種。

              0

                 

                先日は多肉ハウスのサンルームに遮光ネットを張りましたが、昨日は自宅のベランダで

                育てているパキポディウムなどの塊根植物のために遮光率50パーセントの遮光ネットを張り終えました。

                冬は室内で育てていましたが、もうクーラーを入れる季節になってきたのでベランダに移動しました。

                先日、種を蒔いたグラキリスは10日後に発芽してきました。昨年9月に発芽したグラキリスと

                種を蒔く季節による成長の違いを観察してみたいと思っています。写真は♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ、

                何度もご紹介していますがサンルームでバランスよく育っている苗を見かけたので撮影しました。

                 

                ♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ(2015年春の交配実生苗)

                 

                 

                 


                2018.05.17 Thursday

                ソナタの自家受粉実生苗と交配実生苗、いずれも元気に育ってきました。

                0

                   

                  最高気温が30度を超えた多肉ハウスのサンルーム、メキシカンジャイアントやラウイなど

                  真っ白なエケベリアたちは美しくなっていますが、強い太陽の光に弱いエケベリアにとっては大変です。

                  黒く日焼けしたり成長点が消えてしまったりと、弱ってしまう前にサンルーム全体を遮光しました。

                  ひとりでの作業は高所恐怖症の自分にとっては毎回、結構ビビッてしまいますが何とか無事に張り終えました。

                  写真の苗はエケベリア・ソナタ、自家受粉で育てた実生苗と黒爪ザラゴーサと交配して作出した交配実生苗、

                  昨年春の種蒔き、そして発芽から育ってきましたがザラゴーサ系の葉の色合いと真っ赤な爪が大好きです。

                   

                  エケベリア・ソナタ実生苗(2016年自家受粉)

                   

                   

                   

                  エケベリア交配実生苗♀ソナタ×♂黒爪ザラゴーサ(2017年春交配)

                   

                   

                   


                  2018.05.16 Wednesday

                  真っ赤な爪が鋭いエケベリアの交配種に育ってきました。

                  0

                     

                    多肉ハウスで生まれた2015年春のエケベリア交配実生苗♀種黒爪ザラゴーサ×♂クリスマス、

                    発芽から三年経ったらより親の特徴が出てきました。ザラゴーサ系の鋭く長い爪と巾の細い葉、そして

                    クリスマスのグリーンと真っ赤な色合いが自分には新鮮に感じてきました。

                    この冬に何回も撮影したつもりでしたが個体差もありますが、こんなに変わってきているとは知りませんでした。

                    まだまだこれからどう変化するか分かりませんが、交配した実生苗の成長過程の姿には驚かされます。

                     

                    2015年春のエケベリア交配実生苗♀黒爪ザラゴーサ×♂クリスマス

                     

                     

                     

                    かわいい子供も顔を出してきました。

                     


                    2018.05.15 Tuesday

                    グラデーションがとっても美しいエケベリアの交配種。

                    0

                       

                      昨年から始めたパキポディウムのコレクション、秋に蒔いたグラキリスなどの実生苗が

                      少しずつ大きくなってきました。昨日はスリット鉢でまとめて育った苗をひとつずつ抜いて2.5号鉢に植え替えました。

                      今回はエケベリアの用土とは異なるゴールデン粒状培養土のサボテン・多肉植物用を初めて使ってみました。

                      冬には休眠していた実生のパキポディウムたちもしっかりとした根が出ていて安心しました。

                      写真は三年前に入手したエケベリアの交配種♀コロラータブランディティ×♂リンゼアナ、

                      先日の水やりで見つけ、美しく色づいていたので撮影しました。多肉ハウスで交配した苗ではありませんが

                      オレンジからエメラルドグリーンのグラデーションがとってもきれいです。

                       

                      エケベリア交配種♀コロラータブランディティ×♂リンゼアナ

                       

                       

                       

                       

                       


                      ▲top