陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 紅葉したラズベリーアイスのようなエケベリアの交配種、ラズアガ。 | TOP | カットしたらクラクラするほど美しくなった、交配種クララザラゴーサ。 >>

2018.12.19 Wednesday

多肉ハウスにやってきて8年、群生しやすいエケベリア、ザラゴーサSPノバ。

0

     

    野ばらの精など交配の親として知られているエケベリア、ザラゴーサSPノバ、

    大好きなので入手してから8年、大切に育ててきました。梅雨から夏にかけての蒸れに注意すれば

    育てやすいエケベリアです。親株から生まれたカキ仔をカットして植え込んでおけば一年後には小さくても

    親株になって花が咲き、カキ仔が出てくることがよくあります。写真の苗もカキ仔から3年ほどで

    群生株になってきました。多肉ハウスでも交配の親としてメキシカンジャイアントやリンゼアナとの

    交配を試してきましたが、真っ赤な鋭い爪が特徴のきれいな交配種が生まれ、育っています。

     

    カキ仔から群生株に育ったエケベリア、ザラゴーサSPノバ

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/992

    トラックバック

    ▲top