陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 真っ赤な爪と内側カールの細葉、さすがに鋭いフランシノの交配種。 | TOP | コロラータの色合いに変わってきたエケベリアの交配種コサージュ。 >>

2018.11.11 Sunday

オンリーワンの交配実生苗は葉挿しでたくさん残したい。

0

     

    寒い日が続いたので外に出していたパキポディウムをすべて室内に取り込みましたが

    先日からは11月とは思えないほど暖かい日が続いていて、どちらで管理すればと迷ってしまいます。

    冬には休眠するパキポディウムのグラキリスやブレビカウレなどの葉が黄色くなって落ち始めたので

    水やりを控え目にしていますが、温度が高くすぐに用土が乾くのでどうしようかと・・・・・

    写真は2015年春に交配、種子から育ってきたエケベリアの交配実生苗リンゼアナ×ザラゴーサSPノバ、

    猛暑にも負けず3年半、葉数を増やして少し大きくなりました。この年たくさんできた交配種の中でも

    お気に入りのエケベリアなので、苗が元気なうちに葉挿しでたくさん殖やしたいと思っています。

     

    2015年春のエケベリア交配実生苗♀リンゼアナ×ザラゴーサSPノバ

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/951

    トラックバック

    ▲top