陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 紅葉が始まり、やっと締まったロゼットに変わってきた韓国生まれのアンナ。 | TOP | クスピダータのような爪のカールが美しい交配種も育っていました。 >>

2018.11.06 Tuesday

葉先が鋭く美しい、国内で作出されたザラゴーサ系の交配種。

0

     

    多肉ハウスのサンルームでザラゴーサ系の交配種の手入れをしていて見つけたのが写真の苗、

    エケベリア交配種ギルバの薔薇(ギルバ×ザラゴーサ・ノバ)、随分前から入手して育てていましたが

    何回か枯れてしまい、その度に販売されているのを見かけたら購入していました。

    実生を始めてからは自分もザラゴーサ系の交配種が好みで交配しては種子から育てていたので

    このギルバの薔薇のような雰囲気の交配種が増えて、他のエケベリアと並べていても以前のようには目立たなく

    なりましたが、葉がギュッと重なりキリっとした姿のギルバの薔薇は鮮やかでやっぱり最高でした。

     

    エケベリアの交配種ギルバの薔薇(ギルバ×ザラゴーサ・ノバ)

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/936

    トラックバック

    ▲top