陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今年も少しですが新しいエケベリアの交配種が生まれてきました。 | TOP | 先日の台風21号、みなさま被害はありませんでしたか? >>

2018.06.27 Wednesday

エケベリアの交配種たちが美しく色づくまで更新を休みます。

0

     

    多肉ハウスのサンルーム内は遮光ネットを張り、サーキュレーターで朝から夕方まで風を送っています。

    約12メートルのサンルームの前面(南面)はガラス戸を閉めて、東面と西面は風が通るように開けています。

    ビビッドな色合いのエケベリアは色づきが薄くなっていますが、コロラータ系の白っぽい交配種たちは

    淡い色合いに変わり、白粉が美しく輝いています。これからは水やりも控える蒸れやすい季節なので、

    しばらくは今春発芽したエケベリアやパキポディウムの実生苗の育成作業が中心になりそうです。

    暑い日が過ぎて、再びエケベリアの写真をご紹介できる季節までしばらくブログの更新を休むことにしました。

     

    多肉ハウス2015年春の交配種♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサ

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/892

    トラックバック

    ▲top