陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 班入り種に魅せられて育て始めたバイネシー錦、もう何年になるのだろう・・・・・ | TOP | ハオルチア・万象の葉挿しを試してみました。 >>

2018.06.09 Saturday

10年ほど前は大人気だったエケベリアの交配種ピンキー、最近はどうなんでしょうか・・・

0

     

    エケベリアを育て始めたころ、大人気だったカンテ、ブルーライト、そしてピンキー、

    カンテ・ブルーライトは大きく育ちましたが美しい色合いやカタチを保つのが難しいエケベリアでした。

    ピンキーはシャビナの影響か、あまり大きくならず淡いピンクの葉色は魅力的で

    ネットショップやヤフオクで懸命に探した思い出があります。写真のピンキーは多肉ハウスで

    先日見つけた苗、入手から10年近くになると思います。苗は小さくなってしまいましたが

    色合いがきれいでカキ仔が出ていたので入手時を思い出して嬉しくなりました。

     

    エケベリアの交配種ピンキー(シャビナ×カンテ)

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/877

    トラックバック

    ▲top