陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏でも涼しい長居植物園の木陰で紫陽花が美しく咲いていました。 | TOP | 10年ほど前は大人気だったエケベリアの交配種ピンキー、最近はどうなんでしょうか・・・ >>

2018.06.08 Friday

班入り種に魅せられて育て始めたバイネシー錦、もう何年になるのだろう・・・・・

0

     

    今春、交配して採れたエケベリアの種蒔きを先日ほとんど終えました。まだ気になるエケベリアの花には

    袋をかぶせていますが、ほんの少しですべて終えます。交配する数は試したことが無い組み合わせが少なくなり

    さらに置き場所の問題も解決されていないので年々少なくなってきました。

    写真は植え替えずに幹上がりして風に揺れていたバイネシー錦(銀風車)、もう何年も経った株なので

    昨日、やっとカットして植え替えてみました。いつもはプラスチックの鉢ですが

    今回は以前、京都の東山で買った手作りの清水焼の植木鉢に植えこんでみました。

     

    グラプトペタルム・バイネシー錦

     

     

     

    バイネシー錦の異なるカット苗

     

     

     

    2.5号ほどの大きさの清水焼の植木鉢

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/873

    トラックバック

    ▲top