陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日差しが強くなって鮮やかな原種エボニーの交配実生苗。 | TOP | 自家受粉の交配種エケベリア・ザラドニスが大きく育ってきました。 >>

2018.05.24 Thursday

昨年9月に種を蒔いたアフリカ亀甲竜、芋が割れて特徴が出はじめました。

0

     

    かわいいハート型の葉と亀の甲羅のような割れた文様の芋が人気のアフリカ亀甲竜、

    昨年9月に初めて種を蒔き発芽して冬の間に芋が大きく育ってきました。アフリカ亀甲竜は冬型なので

    もうこの時期は休眠に入り始めていてハート型の葉も枯れてきました。寒い冬の間は

    多肉ハウスから自宅に移して管理し、休眠時期の春からは涼しい多肉ハウスで秋まで管理します。

    先日、大きく育った芋を見ていたら、写真のようにもう芋が割れて亀甲竜のカタチに変わってきた苗を

    見つけました。まだ一年も経っていないのに予想以上の変化に驚きました。

     

    昨年9月に種を蒔き芋が割れて特徴が出てきたアフリカ亀甲竜。

     

     

     

    まだ少しですが割れ始めたアフリカ亀甲竜。

     

     

     

    まだまん丸で芋が割れていないアフリカ亀甲竜。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/860

    トラックバック

    ▲top