陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 10年前に初めて出合った美しいリンゼアナがエケベリアを育てるきっかけになりました。 | TOP | 昨年9月に種を蒔いたアフリカ亀甲竜、芋が割れて特徴が出はじめました。 >>

2018.05.22 Tuesday

日差しが強くなって鮮やかな原種エボニーの交配実生苗。

0

     

    四月初めから受粉させたエケベリアの交配種の種子を昨日はほとんど収穫しました。

    まだ袋に入ったままなので種子の出来などの確認はしていませんが、もう少し乾燥させて開いてみたいと思います。

    エケベリアより早く、パキポディウムのグラキリスなど数種類の種蒔きを始めましたが、連休中に蒔いた

    グラキリスは60パーセントほど発芽していました。昨年は秋蒔きだったので、春蒔きの結果が楽しみです。

    写真は昨年の交配実生苗♀原種エボニースーパークローン×♂原種エボニー、以前もご紹介しましたが

    群生株から植え替えて庭先に移したら、春からの日差しが強くなって更に鮮やかに色づいてきました。

     

    2017年春の交配実生苗♀原種エボニースーパークローン×♂原種エボニー

     

     

     

    同じ交配式の異なるタイプの実生苗

     

     

     

    同じ交配式の異なるタイプの実生苗

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/858

    トラックバック

    ▲top