陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 昨年9月に種を蒔いたアフリカ亀甲竜、芋が割れて特徴が出はじめました。 | TOP | 発芽から一年、鮮やかな色合いに染まってきた交配実生苗。 >>

2018.05.25 Friday

自家受粉の交配種エケベリア・ザラドニスが大きく育ってきました。

0

     

    二年前の春の自家受粉させて種を蒔き育ってきたエケベリアの交配種ザラドニス(ザラゴーサ×プリドニス)、

    親株とは多少異なりますが厚い葉とプリドニスのような赤い縁取りが特徴の苗に変わってきました。

    ザラゴーサの影響でしようか葉先の爪もしっかりとしています。今秋にはどのような色合いに変わっているのか

    親株のザラドニスと比較して楽しみたいと思います。2015年春はたくさんの交配種づくりを試し、

    2016年は原種や交配種の自家受粉を試しましたが、いずれも実生苗は枯れることがあまりありませんでした。

     

    自家受粉で育ったザラドニス(ザラゴーサ×プリドニス)

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/857

    トラックバック

    ▲top