陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< リンゴ秋映の花とアルプス乙女の花で受粉してみたら、どちらも結実してくれました。 | TOP | パキポディウム・デンシカウレ(恵比寿大黒)の花が咲きました。 >>

2018.05.08 Tuesday

冬の寒さで傷んだ多肉たちを集めて寄せ植えにしてみました。

0

     

    サンルームや室内ではなく、真冬も外で育てていた多肉ハウスの多肉植物たち、

    葉が傷んだり徒長したりと見栄えはしませんが厳しい環境の中で今年も冬を乗り越えてくれました。

    先日の休みに、そんな多肉たちをカットして空いていた白い鉢に集めてみました。

    ラウリンゼ、リンゼアナ、ブルーバード、ザラゴーサ、アメジスチヌム、グランデなど

    葉が傷んだ多肉たちですが、今秋にはそれぞれが根を張り、美しくなってこの白い鉢から

    こぼれるほどの紅葉した多肉の寄せ植えになってくれることを期待したいと思います。

     

    カットして寄せ植えにした多肉植物たち、他にも数鉢の寄せ植えができました。

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/845

    トラックバック

    ▲top