陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 発芽から三年、さまざまな表情が楽しめるリンゼアナの交配種たち。 | TOP | 冬の寒さで傷んだ多肉たちを集めて寄せ植えにしてみました。 >>

2018.05.05 Saturday

リンゴ秋映の花とアルプス乙女の花で受粉してみたら、どちらも結実してくれました。

0

     

    多肉ハウスの庭に植えて6年、今年もリンゴの花が咲きました。秋映と相性の良いフジを並べて植えて

    受粉作業をして毎年美味しいリンゴの収穫を楽しんできましたが、今年はフジにまったく花がつかず自家受粉では

    結実しない秋映だけがたくさん花をつけていました。今年はリンゴの収穫はできないのではと諦めていた時に

    同じ年に植えたアルプス乙女が開花してくれました。フジとは相性が悪いのですが秋映とはどうだろうと思い、

    お互いの花を摘んで開花時に受粉してみました。昨日確かめてみたら写真のように受粉作業した花は

    どちらもほとんどが結実していました。これから摘果作業がありますが予想以上の相性の良さに驚きました。

     

    四月初めに咲いたリンゴ(秋映)の花

     

    秋映の蕾

     

    秋映の開花

     

    結果した秋映(四月末の様子)

     

    結実した秋映(四月末の様子)、もうすぐ一つだけ残して摘果します。

     

    四月初めに咲いたリンゴ(アルプス乙女)

     

    結実したアルプス乙女(四月末の様子)

     

    結実したアルプス乙女(四月末の様子)

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/843

    トラックバック

    ▲top