陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 発芽から二年、色合いが美しいメキシカンジャイアントの交配実生苗。 | TOP | 二年後、どんな交配種に育つのでしょうか、アルバゴールド×メキシカンジャイアント。 >>

2018.04.25 Wednesday

陽射しが強くなって美しく染まってきたエケベリア実生のリンゼアナ色々。

0

     

    サンルームのいちばん陽当たりのよい棚に並べているエケベリアのリンゼアナ、

    数年前にカクタスブライトさんから送っていただいた実生苗。ひとつも枯れることなく

    毎年春先には美しい姿を見せてくれます。先日も様子を見てみたら下葉の手入れはまだしていませんが

    美しい色合いに変わっていました。サンルームは南向きですが北側は二階の部屋につながっているので

    陽射しが入ってくるのは午後3時前後までです。しかも真上からの陽射しは期待できないので、

    苗はすべて陽射しの方向に向かってしまうので向きを変えてあげないと置いている場所によって

    いろんなカタチになってしまいます。写真のリンゼアナもその影響でいろんなカタチになっていますが

    向きを変えて再びバランスのとれた姿に戻したいと思います。

     

    数年前に入手した実生のエケベリア・リンゼアナAタイプ

     

    実生のリンゼアナBタイプ

     

    実生のリンゼアナCタイプ

     

    実生のリンゼアナDタイプ

     

    実生のリンゼアナEタイプ

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/840

    トラックバック

    ▲top