陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 種を蒔いて半年、冬の間に大きくなったアフリカ亀甲竜。 | TOP | 発芽から一年、エケベリアの交配実生苗の植え替え作業が続いています。 >>

2018.04.13 Friday

発芽から二年、鋭い爪のメキシケンシスとメキシカンジャイアントの交配種。

0

     

    今週はじめから35年ぶりの沖縄旅行、温かい人々と変わらない美しい海を満喫してきました。

    そして昨日はリンゴの受粉作業とエケベリアの交配作業で多肉ハウスへ、

    リンゴの秋映は、もう満開に近くて例年ならフジと交配するのですが今年は花芽が出ていなくて

    開花中のアルプス乙女の花で受粉作業をしてみました。アルプス乙女とフジとでは相性が悪くて結果しないようですが

    秋映は自家受粉では結果しないのでとりあえず試してみることにしました。

    写真は二年前に交配して種を蒔き育ってきたエケベリアの交配種メキシケンシス×メキシカンジャイアント、

    長くて鋭い真っ赤な爪とグレイピンクの葉色に染まってきました。

     

    2016年春の交配実生苗、エケベリア♀メキシケンシス×♂メキシカンジャイアント

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/836

    トラックバック

    ▲top