陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 新しい葉が増えて少しずつ綺麗になってきた原種のエケベリアSP ノバ プエブラ。 | TOP | 発芽から二年、鋭い爪のメキシケンシスとメキシカンジャイアントの交配種。 >>

2018.03.26 Monday

種を蒔いて半年、冬の間に大きくなったアフリカ亀甲竜。

0

     

    昨年9月に種を蒔いたコーデックスのアフリカ亀甲竜、寒さが厳しい多肉ハウスから

    冬前に自宅に移動して室内の陽当たりの良い窓際で育ててきました。暖かくなってきたので

    水やりの間隔を短くしたら芋が大きくなってきました。アフリカ亀甲竜は冬型なので

    夏は休眠してしまうので、葉が枯れたら水やりはあまり必要ではなくなりますが

    実生から一年未満の苗は初めてなので色々と試してながら苗の管理をしたいと思っています。

    成長の早い苗はもう芋が割れて亀甲のカタチができ始めたので楽しみです。

     

    芋が大きくなってきたアフリカ亀甲竜、芋の上に種の残骸が残っています。

     

     

     

    もう芋が割れてきた楽しみなアフリカ亀甲竜、こちらも種の残骸が残っています。

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/833

    トラックバック

    ▲top