陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 交配の親が想像できないエケベリアの交配種。 | TOP | 二年前に自家受粉したエケベリアの交配種たちが育っています。 >>

2018.02.12 Monday

春になったらいっぱい殖やして寄せ植えに使いたい。

0

     

    早春から年末まで庭や玄関先に並べている多肉植物の寄せ植えも1月と2月だけは

    日当たりの良いベランダに置きビニールで霜と北風を防いでいます。

    いくら丈夫なエケベリアでもさすがに霜には弱くて溶けてしまうことがあるので毎年欠かさず移動しています。

    簡単なビニールのカバーだけで、エケベリアなどの多肉植物は春まできれいを保ってくれます。

    写真は淡いピンクからベージュのグラデーションが美しい、メキシコ原産のパキフィツム・ベビーフィンガー、

    群生しやすいようなので、もう少し成長したら下葉を数枚残してカットしカキ仔が出てくるのを

    楽しみたいと思います。たくさん殖えたらぜひ寄せ植えに使いたいと思っています。

     

    メキシコ原産の原種パキフィツム・ベビーフィンガー

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/787

    トラックバック

    ▲top