陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 2013年春生まれ、メキシカンジャイアンで初めての交配種。 | TOP | 思わず触りたくなるモフモフのカランコエたち。 >>

2017.07.10 Monday

今も人気者でしょうか?パキベリア・ロジャージョーンズ。

0

     

    この数年間、エケベリアの交配種に夢中になっていて、以前必死になって探した

    アマゾネスやルスビー、そしてロジャージョーンズなど、ぷくぷくの葉のパキフィツムや

    パキベリアの多肉たちに触れることが少なくなっていました。

    写真は葉先のとがったピンクがアクセントのロジャージョーンズ、以前はすごく人気者で

    販売しているお店が少なく、入手するのが大変でしたが最近はどうでしょうか?

    親株をカットすれば子吹きしやすく、しかも葉挿しでも殖やせるので

    日当たりさえちゃんとすれば時間をかけずに小さな群生株を作ることも難しくありません。

    紅葉時にはクリーム色と葉先のピンクがとっても可愛くお勧めのパキベリアです。

     

    パキベリア・ロジャージョーンズ

     

    パキベリア・ロジャージョーンズ

     

    パキベリア・ロジャージョーンズ

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top