陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< それぞれ個性があって面白い、メキシケンシスの交配種たち。 | TOP | 今も人気者でしょうか?パキベリア・ロジャージョーンズ。 >>

2017.07.10 Monday

2013年春生まれ、メキシカンジャイアンで初めての交配種。

0

     

    エケベリアの交配を初めてやってみたのが2013年春、数種類交配しましたが

    発芽してたくさん育ったのが写真のメキシカンジャイアントとエボニーとの交配種でした。

    その苗も5年目に入り、4号鉢からはみ出す大きさのものや、2号鉢に収まるほど小さなものまで

    葉の色合いやカタチ、ロゼットの大きさなど様々なタイプが育ちました。

    交配種づくりは成功しても失敗しても、一歩踏み出すことで得られることが多く、自分の場合は

    その後の交配作業に大変役立ちました。同じ交配種を選抜しないで育てていろんなタイプを

    見ていけるのは個人の作出者だけしか味わえない、もうひとつの楽しみだと自分は思っています。

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー

     

    2013年の交配種♀メキシカンジャイアント×♂エボニー


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/617

    トラックバック

    ▲top