陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< クリスマスとザラゴーサを交配してみました。 | TOP | アイスクリームはエケベリア?パキベリア? >>

2017.05.08 Monday

今春のエケベリア交配作業は、もう少しで終わりそうです。

0

     

    今日も早朝5時に起きてサンルームへ。

    先月で交配が終わったエケベリアたちはもう種の袋が膨らんでいます。

    開花中のエケベリアの花の様子を確かめながら受粉作業を始めました。

    花粉がいっぱいのメキシカンジャイアントをリンゼアナや

    ザラゴーサ、メキシケンシスなどと交配、ザラゴーサSPノバも新しいSPノバと

    2回目の交配ができました。今年もまだ開花が始まったばかりの

    2種類のラウイがいちばん最後の交配作業になりそうです。

     

    2年前の春に自家受粉で種を採り育ってきたお気に入りのリンゼアナ、今年は異なる2種類で受粉しました。

     

    こちらも2年前の春に交配で種を採り育ってきた♀リンゼアナ×♂レッドジャイアント、淡いピンク色に変わってきました。

     

    いちばん大きなメキシカンジャイアント、今年も交配の中心です。

     

    メキシカンジャイアント×ザラゴーサ、美しい親株なので他のエケベリアと交配してみました。

     

    原種エボニー、今回は縁取りが真っ黒な原種エボニースーパークローンと交配。

     

    異なる親株を入手できたので受粉作業が楽しみなザラゴーサSPノバ。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/552

    トラックバック

    ▲top