陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< また歩きはじめました。 | TOP | 発芽から約2年、鋭い爪が魅力の交配種たち。 >>

2017.02.24 Friday

春の日差しに、まぶしく輝く交配種たち。

0

    明るく温かい日差しに誘われて、多肉植物が育っているサンルームへ。

    昨年春に交配し発芽したエケベリアたち、自分の体調不良などであまり手をかけられなくても

    まだ群生したままですが、とっても元気に育っています。

    自分オリジナルの交配種や、原種同士から生まれた原種のエケベリアたちはとても丈夫です。

    水道が凍結するような朝でも越水の中でとろけることがほとんどありません。

    サンルームの中は換気はしていますが、ヒーターなどで温めていません。

    春が近づき、もう少し温かくなったら苗を分けて植え替えて大きく育てたいと思っています。

     

    昨春発芽した原種のメキシカンジャイアント、異なる親の交配で生まれました。

     

    そして群生から植え替えたメキシケンシス×メキシカンジャイアント、やっぱりホワイト系は可愛くてたまりません。

     

    2015年春の交配種にもメキシカン系が育っています。リンゼアナ×レッドジャイアント、

     

    レッドジャイアント×ザラゴーサSPノバ、

     

    2013年春に発芽したメキシカンジャイアントとエボニーの交配種、同じ種から生まれても

    いろんな色合いに染まって、異なる表情の苗に育ってくるのでこれからもその変化を楽しみたいと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


    コメント

    管理者の承認待ちコメントです。
    2017/02/28 8:49 PM by -
    管理者の承認待ちコメントです。
    2017/02/26 10:27 AM by -

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/512

    トラックバック

    ▲top