陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 遅れて開いた、春のセンペルビブムたち | TOP | 真っ白な実生苗、リンゼアナ タパルパ >>

2013.04.07 Sunday

ラベルのイメージ、鮮やか春のセンペルビブム

0
    SE-10.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Lady Kelly

    昨日からの春の嵐、みなさん大丈夫でしたでしょうか。多肉ハウスのある
    三重県の様子は、ライブカメラの映像で確認していましたが、
    南面はガラス戸だけで昨日から留守にしていたので少し心配しています。
    外に並べていたエケベリアたちは室内に入れ、サンルームは閉めていたので
    問題は無いと思いますが、センペルビブム、ジョビバルバはすべて外に置いていました。
    どちらもスリット鉢に植えていて軽いので、風の被害が少し気になっています。
    多肉ハウスができるまでは、梅雨から夏の終わりまで昼は蒸し暑く、
    夜も気温が下がらず、センペルビブムには最悪の環境で育てていたので、
    蒸れてなくしてしまった苗が多かったのですが、同じ時期の夜、気温が下がって
    涼しい多肉ハウスに移してからは、蒸らしてなくすことがほとんどなくなりました。
    さすがにヨーロッパアルプスが原産の耐寒性が強い多肉植物です。

    SE-9.jpg 
    鮮やか春のセンペルビブム・Booth's Red

    SE-11.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Bella Meade


    SE-12.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Unicorn


    SE-13.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Wichita


    SE-17.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Director Jacobs


    SE-15.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Polaris


    SE-14.jpg
    鮮やか春のセンペルビブム・Kismet


    ブログランキング・にほんブログ村へ

    にほんブログ村


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/452

    トラックバック

    ▲top