陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 内側カールの真っ赤な爪、カキ仔で育ったザラゴーサSPノバの交配種。 | TOP | 種子から育って約5年、今年も美しく春を迎えたリンゼアナとノバの交配実生苗。 >>

2020.03.20 Friday

春が近づき、触れているだけで心が軽くなるカラフルなエケベリアたち。

0

     

    9年前、以前住んでいた家を改造して2階南面のバルコニーに約10メートルの

    サンルームを新設、遮光ガラスで換気もできる多肉植物と遊べる場所を作りました。

    7年前からはエケベリアの交配実生苗を作出するようになり、サンルームだけでは

    置き場所が足らず、雨の当たらないサンルームの下にも夏は遮光ネットを張り、

    冬は簡易ビニールハウスにして育ててきました。

    日当たりが良く寒さが厳しい簡易ビニールハウスでは色づきが鮮やかで

    開いていたロゼットも少し締まり、今年も多肉たちは元気に春を迎えられそうです。

     

     

     

    もうすぐ開花しそうな簡易ビニールハウスのエケベリア

     

     

     

     


    コメント


    こんにちは!
    お問合せのエケベリアは淡路島の優木園の交配種です。
    ラウイ×シャビナPeregrina、入手してから三年近くなりますがこんなに丸いイメージではなかったです。
    おっしゃる通り撮影してみたらとっても存在感がありますね。
    大事にしないといけませんね。
    2020/03/27 4:40 PM by sasuke
    素晴らしい色付きですね!エボニー系もかっこよく見とれてしまいます。
    ちなみに、1枚目の中央と右側にある幅広の大きなエケは何という品種でしょうか?蓮の花のようですごい存在感ですね!
    2020/03/23 4:12 PM by coo

    コメントする









    ▲top