陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< おらいさん苗のミックスベリア、さらに美しいプリンセスティアラに育ってほしい。 | TOP | 発芽から5年、いつまでも変わらない輝きが大好き!レッドジャイアント×リンゼアナ。 >>

2020.02.13 Thursday

春には、またふっくらした葉に戻ってほしい!ミックスベリアのももりん。

0

     

    多肉ハウスの果樹のお礼肥やカイガラムシ用のマシン油散布など毎年この時期に

    やっています。その前にまだ木なりのままの大きな夏ミカンをすべて先日収穫しました。

    これから春までの間、我が家の朝食のメニューにフレッシュな輪切りの夏ミカンが

    加わり、美味しい楽しみが増えました。写真は昨年春に入手したミックスベリアのももりん、

    本当に楽しいネーミングで毎回感心してしまいます。寒くなって水を与えていないので

    葉に張りがなくなっていますが、温かくなってシャワーをして、かわいい名前のような

    ふっくらとしたももりんに戻ってほしいと思います。

     

    水やりをあげていなかったので葉に張りがなくなった、ミックスベリアのももりん

     

     

     


    コメント

    コメントする









    ▲top