陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< エケベリアのラパス、原種も交配種もたくさん育ててみたい魅力がありますね。 | TOP | 美しいエケベリアたちと日々触れ合いたくなる季節、これから春まで楽しみがいっぱい。 >>

2020.01.10 Friday

何年経っても美しいエケベリアの交配実生苗、リンゼアナ×ザラゴーサSPノバ。

0

     

    昨日から多肉ハウスに行っていましたが、庭先のテラスに設置してエケベリアを入れていた

    簡易のビニールハウスが一昨日の強風で数メートルも飛ばされてバラバラになっていました。

    南向きで2階のサンルームの下なので安心していましたが、突風だったのでしょうね。

    到着してすぐに作り替えました。幸いエケベリアたちに被害はなくホットしましたが、おかげで

    半日も作業に時間がかかってしまいました。冬のサンルームは暖かくて、作業部屋でカキ仔をつけた

    エケベリアの手入れを久しぶりにやりました。2015年春に交配した写真の苗も大きくなって

    たくさんカキ仔をつけていましたのでカットし、枯葉を取り、下葉も少なくして少しコンパクトに

    しました。写真の苗はまだ小さい方で、これより大きな苗も数鉢ありました。取った下葉で

    たくさんの葉挿しができましたが、春には少しでも発芽してくれるでしょうか・・・・・・

     

    多肉ハウスで生まれた、2015年春のエケベリア交配実生苗♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    同じく♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    異なるタイプの♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    異なるタイプの♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    異なるタイプの♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    異なるタイプの♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

     

    昨年春に親からカットしたカキ仔苗、一年経ってもう花芽が出てきました。

     

    同じく昨年春に親からカットしたカキ仔苗の異なるタイプ


    コメント

    コメントする









    ▲top