陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< エケベリアの原種ラパス、どれが本当のラパスなのでしょうか? | TOP | 名前のイメージを崩さないように美しく育てたい!ミックスベリアの三日月。 >>

2019.05.08 Wednesday

二匹の猫と備前焼の窯元巡りに癒されたゴールデンウィーク最後の二日間。

0

     

    連休最後は娘家族と二匹の猫たちと共に岡山で過ごしました。

    新幹線の新大阪駅は、さすがに連休中とあってたくさんの人で溢れ、特に海外から来られた方の多さが

    目立っていました。娘の家では家族と可愛い二匹の猫がお出迎え、6歳になる琥珀と1歳のラヴィが

    足元で寝転んで不思議な表情。ノルウェージャンフォレストキャットの二匹は、

    さすがに寒い国の猫で毛がフサフサ、とってもおとなしく一緒にいても気にならない存在でした。

    今回は備前焼の植木鉢が欲しくて窯元を訪れましたが、素敵な庭も公開してくださり

    ゆっくりとした時間を備前焼の陶器の歴史と共に過ごさせていただけました。

     

    ノルウェージャンフォレストキャットのラヴィ(1歳)

     

     

     

    ノルウェージャンフォレストキャットの琥珀(6歳)

     

     

     

     

     

    備前焼の窯元の落ち着いた庭園

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top