陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 発芽から二年、種子から育てたエケベリア原種エボニーの交配実生苗。 | TOP | エケベリアの原種ラパス、どれが本当のラパスなのでしょうか? >>

2019.05.06 Monday

ミックスベリアのうぐいす、春を告げる美しい鳴き声を感じました。

0

     

    多肉ハウスに植え込んで7年ほどのスモークツリー・グレイス、隣との境界の塀際近くに植えたので

    新しい枝が伸びて、葉が開いてくると毎年剪定していました。いちばん美しく見える季節には大きな枝や

    葉が無く、木にとってはかわいそうな結果になっていました。場所を移そうと以前から思いながら

    移すタイミングを失っていましたが連休中に自宅の庭に思い切って移すことにしました。

    写真の苗はミックスべリアのうぐいす、名前の付け方が素晴らしいですね。多肉ハウスの庭にやってきて

    春を告げてくれるウグイスのイメージにピッタリ、かわいい苗なので大切に育てたいと思います。

     

    ミックスベリアのうぐいす

     

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top