陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 何年育てても美しさは変わらないメキシコ原産のエケベリア、原種リンゼアナ。 | TOP | ザラゴーサの交配種でしょうか、韓国生まれのエケベリア交配種アンナ。 >>

2018.12.25 Tuesday

予想できない色合いやカタチの交配種ができると楽しいでしょうね。

0

     

    丸葉で真っ白な原種のエケベリア、ラウイと真っ赤で鋭い葉のレッドエボニーとの交配で

    生まれたのが写真の交配種ラウイ×レッドエボニー、作出された方はこんな色合いとロゼットの

    交配種ができることを予想していたのでしょうか。きっと白粉や丸葉の苗やもっと赤くて

    長い葉の苗も生まれたのではないでしょうか。交配して種子から生まれてくる苗は色もカタチも

    様々で、その中から選抜されて、葉挿しなどでクローンの苗を増やして育て名前を付ける。

    交配作業から販売されるまでいったい何年かかるのでしょうか。趣味の範囲で交配している

    自分にとっては選抜しなくても様々な苗を育てる方が楽しいように思われますが・・・・・

     

    入手から一年、エケベリアの交配種ラウイ×レッドエボニー

     

     

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://copiapoa012.jugem.jp/trackback/1003

    トラックバック

    ▲top