陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.01.20 Saturday

多肉ハウスでは数少ないラウイの交配種が育っています。

0

     

    今年に入って早くも半月以上経ってしまいましたね。多肉ハウスでは毎年この時期に

    庭の柑橘類やリンゴなどに寒肥とマシン油による消毒をしています。昨年はリンゴや柚子、イチジクが

    あまり収穫できずに残念な結果に終わったので、今年はたくさん収穫できるように

    しっかりと手入れをしなければと思っています。

    写真は2015年春に交配した♀ブルーミニマ×♂ラウイ、まだ美しいロゼットには育っていませんが

    白粉のラウイとブルーミニマの影響が少しですが出てきたように思います。

     

    2015年のエケベリア交配種・♀ブルーミニマ×♂ラウイ

     

     

     

     

     

     

     

     


    2018.01.19 Friday

    開花した黒爪ザラゴーサと黒爪ザラゴーサを交配して育ってきました。

    0

       

      エケベリアの新しい品種づくりではなく、入手先の異なる開花苗を交配して種を採り、

      種を蒔いて育ってきたのが写真の黒爪ザラゴーサ。親株をカットしたところに出てきたカキ仔の

      群生苗ではなく、発芽した小さな苗をまとめて植え替えた黒爪ザラゴーサの実生苗です。

      お気に入りのエケベリアの原種や交配種をもう一度種から育てるのは手間も時間もかかりますが

      種蒔きから一年後には交配した親の特徴がはっきりと表れるので楽しみですよ。

       

      2016年春の交配実生苗・エケベリア♀黒爪ザラゴーサ×♂黒爪ザラゴーサ

       

       

       

       

       

       

       

       


      2018.01.18 Thursday

      ヒアリナの美しいロゼットとラウイの色合いが好き。

      0

         

        みなさま起床されるのは何時頃でしょうか?多肉ハウスに行く朝は5時30分に起きて

        5時45分からニュースモーニングサテライトを必ず見ています。先日もその番組で取り上げられた

        野菜苗のベルグアースの株価が寄り付きからストップ高、テレビの影響力の凄さを実感してしまいました。

        写真の苗はヒアリナとラウイの交配種、ピンクに染まった色合いと葉がぎっしり重なった

        ヒアリナのようなロゼットがとても美しい。こんなに硬く締まったエケベリアに

        多肉ハウスの交配種たちも育てたいと思いますが・・・・・・簡単ではありませんね・・・・・

         

        エケベリアの交配種・ヒアリナ×ラウイ

         

         

         

         

         

         

         


        2018.01.17 Wednesday

        輸入のために根をカットしたエケベリア、環境に慣れて美しく育ってほしい。

        0

           

          しばらくエケベリアの交配種づくりに夢中になり、昨年の秋まではヤフオクもパキポディウムなどの

          コーデックスを検索するのがほとんどでしたが、ざわわの交配種をきっかけに新しいエケベリアの交配種を

          検索することが多くなってしまいました。鮮やかでよく締まった韓国で生まれ、育てられた交配種が

          たくさん出品されていて、農園で撮影された写真の苗が現物で、しかも送料無料で届けてくださいます。

          先日も数点送ってもらいましたが、自分的には割安で梱包も苗も完璧で大満足でした。

          写真の苗は日本の多肉のネットショップから購入したパクさん苗のエケベリアのグレイローザ、

          結構高価な苗ですが日本の環境に慣れて根を張り美しくなるには、かなり時間がかかりそうですね。

           

          パクさん苗のエケベリア・グレイローザ

           

           

           

           


          2018.01.16 Tuesday

          赤く美しく色づくロゼット、ヒアリナ似のエケベリア・モヒカン。

          0

             

            昨年の秋頃だと思いますが、深夜にテレビから流れてきた懐かしいメロディー、

            ピアノを弾きながら歌っていたのはキャロルキング、ロンドンのハイドパークでの公演シーンでした。

            70歳を過ぎてもパワフルに歌う姿に感動してしまい、すぐにアルバムを検索して

            ジェームステイラーとの共演のCD、LOVE AT THE TROUBADOURを送ってもらいました。

            言葉では説明できないほど素晴らしいアルバムで、公園でのウォーキングや多肉ハウスに移動する

            電車内で一人の時は必ず楽しんでいます。写真の苗はヒアリナを赤く染めたような

            エケベリアの交配種・モヒカン、どうしてこの名前になったのか教えてほしいものですね。

             

            エアーマジック産のエケべリア交配種・モヒカン

             

             

             

             

             

             

             


            2018.01.15 Monday

            エレガンス系のエケベリア、違いを見つけるのは大変です。

            0

               

              昨年春に入手したエケベリア・アルバゴールド、葉数が増えて大きくなってきました。

              エレガンス系でしょうか透明感のある美しい葉が淡いクリーム色に変わってきました。

              まだ多肉ハウスではエレガンス系の交配は試したことがありませんので、今春開花すれば

              他のエケベリアと交配して新しい交配実生苗を育てたいと思っています。

              それにしても同じエレガンス系のファラックス静月や静月にもよく似ていますので

              ラベルを無くすと見分けるのは大変ですね。

               

              エケベリア・アルバゴールド

               

               

               

               


              2018.01.14 Sunday

              いつの間にか葉数が増えて淡いピンク色に変わっていました。

              0

                 

                多肉ハウスに電車で向かう冬は雪景色が時々見られます。いちばん標高の高い駅が奈良県の榛原駅で約240m、

                50mの桜井駅から一気に上がりきると真っ白な雪景色が広がっています。思わずスマホで車窓から撮影、

                毎年寒い朝は車内からの雪景色を楽しみにしています。先日も多肉ハウスに苗の世話で向かう朝、榛原駅は吹雪で

                雪が積もり、ホームも駅舎もまわりの町も山も真っ白で美しいモノトーンの世界に変わっていました。

                写真はその日に見つけたエケベリアのピンクアイニー、しばらく見ないうちに淡いピンク色に変わっていました。

                 

                エケベリアの交配種・ピンクアイニー(ザラゴーサ×ラウイ)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                2018.01.13 Saturday

                やっぱり「ざわわ」らしい交配種に育ってほしい。

                0

                   

                  エケベリアのざわわと写真で出会って以来、数種類のざわわとの交配種を入手できました。

                  いちばん日当たりの良い自宅の窓際にざわわの交配種を集めて並べていますが、同じ交配式の苗でも

                  やはり個体差が多少あるようですね。フランシノやブランデティとの交配種がほとんどですが

                  ざわわの影響の大きい苗ほどインパクトがありますね。写真の苗はブランデティとの交配種ですが

                  入手した時に比べてざわわの交配種らしく見えるようになってきました。

                  成長が再び始まる春先から、すべてのざわわの交配種が厳つい顔つきに変身してほしいですね。

                   

                  エケベリアの交配種・ブランデティ×ざわわ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  2018.01.12 Friday

                  こんなエケベリアを作ってみたい、ヒアリナとトリマネンシスの交配種。

                  0

                     

                    朝からの冷たい雨が夕方には上がり、大仙公園をぐるっと一周することにしました。

                    春の新緑や桜、秋の紅葉も素敵ですが落葉樹の多い公園の冬も魅力的です。すっかり落葉した

                    ケヤキやニレの並木がシルエットで並んでいて寒々しいけれど美しい。

                    たった40分間ほどのウォーキングでしたが温かくなり、気持ちもリフレッシュできました。

                    写真は先日届いたエケベリアの交配種・ヒアリナ×トリマネンシス、実物の素晴らしさに

                    驚いてしまいました。どちらの特徴も感じられて更により素敵な苗に育っていました。

                     

                    エケベリアの交配種・ヒアリナ×トリマネンシス

                     

                     

                     

                     

                     


                    2018.01.11 Thursday

                    ラブストーリーのイタリア映画ではなく、交配種のラストコンサート。

                    0

                       

                      毎年いただく年賀状、数十年会っていない友達だと届けば安心ですが届かなければ心配してしまいます。

                      パソコンやスマホでいろんな情報を得ることができる便利な時代なのに・・・・・年賀状って不思議ですね。

                      自分も心配かけないように大切な友達には年賀状を出すのを忘れないようにしなければと思いました。

                      写真はエケベリアの交配種・ラストコンサート、やはりエアーマジック産のきれいな苗です。

                      映画のようなロマンチックな名前が印象に残り探していて購入、今年早々に届けてくれました。

                       

                      エケベリア交配種・ラストコンサート

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      ▲top