陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.26 Friday

交配したエケベリアの種が袋の中に、こぼれていました。

0

     

    袋がはじけて種が無くならないように、エケベリアの交配した花に

    お茶の袋をかぶせていました。いつもならもっと早く切って、種の様子を調べていましたが

    花粉や蜜が残っていることが多かったので、今春は少し遅らせてみました。

    昨日、かぶせていた袋の中にこぼれ落ちた種がたくさん見つかったので収穫、

    折り目をつけたコピー用紙の上で種の袋に残っている種をピンセットで落としました。

    来週初めからセレクトしていよいよ種蒔きを始めます。

    種蒔きの土をふるいにかけ細かくし、熱湯消毒、越水管理、種蒔きそして殺菌・・・・・

    数年後の楽しみのための作業、今年もスタートです。

     

    今春交配したエケベリア、コロラータの親株

     

    こちらも今春交配したエケベリア、コロラータの親株

     

    ♀コロラータ×♂メキシカンジャイアント(コロラータの花)

     

    ♀ブラックエボニー×♂沙羅姫牡丹(ブラックエボニーの花)

     

    ♀原種エボニースーパークローン×♂原種エボニー(原種エボニースーパークローンの花)

     

    ♀沙羅姫牡丹×♂沙羅姫牡丹(沙羅姫牡丹の花)

     


    2017.05.23 Tuesday

    ウォーターマークが美しいシャンペーン系のエケベリアたち。

    0

       

      日差しが強くて、もう夏のような日々が続いていますが

      皆様の多肉たちは大丈夫でしょうか。

      真夏にクーラー無しでも熟睡できるほど涼しい多肉ハウスでも昼間は大変です。

      遮光ネット、換気、サーキュレーターでの通風、ガラス戸の解放など

      暑さ対策を色々とやっていますが昼間のサンルームでの作業は汗だくです。

      春先まで鮮やかな色彩に染まっていたエケベリアたちもすっかり紅葉が薄れています。

      これから秋まで蒸れずに無事に成長して、再び奇麗なロゼットが見れるよう

      手を抜かずに作業を続けたいと思っています。

       

      エケベリア白夜、レッドエボニーの交配種らしいですが、シャンペーン系に似ていますね。

       

      まだ紅葉が薄れていない、エケベリア白夜、ワインレッドからグレーに変わります。

       

      エケベリアピンクシャンペーン、ピンク系だったのがいつの間にかオレンジ系になってしまいました。

       

      エケベリアピンクシャンペーン、ウォーターマークがはっきりしていますね。

       

      エケベリアホワイトシャンペーン、白っぽかったのが日差しの強い置き場所の影響かこんな色に。

       

      エケベリアホワイトシャンペーン、こちらもウォーターマークがはっきりしていますね。

       

      親株をカットして出て来たカキ仔、エケベリアホワイトシャンペーン

       


      2017.05.22 Monday

      小さな実生苗、エボニーとレッドエボニー。

      0

         

        エケベリアを育てている多肉ハウスでは、真っ白な花?ではなくて

        真っ白な袋が風で揺れています。その日の開花状況で、予定していない交配もついしてしまい、

        種の収穫がすべて終わってから選別して蒔くリストを作らなければと思っています。

        種を蒔いて一年間、越水で管理し群生した鉢からブロックに分けて植え替えを繰り返し

        やっと親の特徴を引き継いだ苗に育ってきます。とっても繊細な作業ですが

        手間をかけるだけより美しく育ってくれるように思います。

        今年も良い種ができ、たくさん発芽して丈夫に育ってくれることを願っています。

         

        昨年春に種を蒔き、少し特徴が出てきたエボニー実生苗

         

        昨年春に種を蒔き、少し特徴が出てきたエボニー実生苗

         

        昨年春に種を蒔き、少し特徴が出てきたエボニー実生苗

         

         

        種を蒔いてから二年、まだ小さなレッドエボニー実生苗、赤黒い爪が楽しみです。

         

        種を蒔いてから二年、まだ小さなレッドエボニー実生苗、ふっくらとした葉のまま育ってほしい。


        2017.05.20 Saturday

        カットしていないのに下から子供が出てきました。

        0

           

          レッドジャイアントとザラゴーサSPノバとの交配種、カットしたことがないのに

          ひとつの苗から子供が複数出てきました。よく見ると出ている場所は葉と葉との間のよう、

          葉を外した記憶もありませんので不思議です。一鉢だけなので子供が大きくなるまで

          様子をみることにしました。実生苗は同じ種から色んな顔が生まれてくるので

          この苗のように一度にたくさん同じ顔のカキ仔が増えるのは嬉しいことです。

          知らないこと、不思議なことに出合えるのも多肉植物栽培の面白さかもしれません。

           

          ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

           

          ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

           

          ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

           

          ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

           

           


          2017.05.18 Thursday

          種を蒔いて一年後のメキシカンジャイアントの様子。

          0

             

            一週間ぶりの多肉ハウスでは心配していた通り、早く交配が終わったエケベリアの種が

            はじけて消えていました。袋に残った種を落とさないように紙の封筒に入れて交配式のラベルをつけました。

            慌てて、まだはじけていない花にお茶用の袋をかぶせて小さな木のクリップで止めました。

            写真は昨年の今頃、♀メキシカンジャイアントと♂異なる苗のメキシカンジャイアントでできた種を蒔き

            3回ほど植え替えて育ってきたものです。越水を止めるのが遅かった苗はまだ白くなっていませんが

            成長の早かった苗はもうメキシカンジャイアントに見えてきました。

            昨春、蒔ききれなかった種を冷蔵庫で保存してあるので、今年の種と一緒に蒔いてみようと思います。

             

            成長の早かった♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            ♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            ♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            ♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            越水を止めてすぐの♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            ♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             

            ♀メキシカンジャイアント×♂異なる苗のメキシカンジャイアント

             


            2017.05.17 Wednesday

            多肉ハウスのエケベリアをメルカリで販売しています。

            0

               

              もうすぐ今春の種蒔きが始まり、昨年の交配種も一鉢づつに植え替えるので、

              その前に多肉ハウスのエケベリアをメルカリでも少しづつ販売することにしました。

              班入りや交配種もきれいな状態の苗を選んで販売しますのでご覧くださいね。

               

              バークレイ班入り

               

              バークレイ班入り

               

              リンゼアナ

               

              メキシカンジャイアント×エボニー実生苗

               

              メキシカンジャイアント×エボニー実生苗

               

              クリスマス×ザラゴーサ実生苗

               

              シリウス実生苗

               

              クリスマス×ザラゴーサ実生苗

               

              ヴァッションアイス

               

               


              2017.05.16 Tuesday

              我が家でいちばん元気なエケベリア千羽鶴。

              0

                 

                エケベリアを育てはじめて10数年、寄せ植え用に入手した中で枯れることなく

                殖え続けているのが千羽鶴、大きいものでは30cm以上に育ちます。

                幹立ちするので寄せ植えに使いやすく、水の管理もほかの植物と同じように

                外に置きっぱなしでも大丈夫です。徒長しても下葉を残してカットすれば子吹きしてくるので

                それも育てる中での楽しみです。我が家では多肉の寄せ植えに、そして

                ヒューケラやギボウシ、ハーブなどと一緒に庭に植え込んでいます。

                只、水を与えすぎると葉が大きくなり、とっても重くなるのでその前にカットです。

                 

                寄せ植えの、エケベリア・千羽鶴

                 

                寄せ植えの、エケベリア・千羽鶴

                 

                寄せ植えの、エケベリア・千羽鶴

                 

                葉挿しの、エケベリア・千羽鶴

                 

                葉挿しの、エケベリア・千羽鶴

                 

                葉挿しの、エケベリア・千羽鶴

                 

                葉挿しの、エケベリア・千羽鶴

                 

                庭に植えてカットしたところから出て来たカキ仔の、エケベリア・千羽鶴


                2017.05.15 Monday

                クリスマスと黒爪ザラゴーサを交配してみました。

                0

                   

                  多肉ハウスで交配した新しいエケベリア実生苗の様子・・・・・14

                   

                  昨日は母の日、朝から2階の自室で三日間の写真をPCに保存と整理をしていると1階の玄関で

                  チャイムが鳴ること数回、自分には宅配で届く予定が無く、家内の化粧品のサンプルでも届いたのかと

                  思って下に降りてみるとたくさんの奇麗な花が飾ってあり、大きなギフトボックスも置かれていました。

                  そういえば母の日、子供たちからのプレゼントでした。結婚して離れて暮らしていても

                  母の日、父の日、誕生日を忘れずに気遣ってくれるのは親としては嬉しいものです。

                  子供たちに心配をかけず、いつまでも健康で好きな旅行やエケベリアの栽培に熱中していたいものです。

                   

                  ♀クリスマス×♂黒爪ザラゴーサ、ほとんどこのタイプです。

                   

                  ♀クリスマス×♂黒爪ザラゴーサ

                   

                  ♀クリスマス×♂黒爪ザラゴーサ、少し葉の巾が広いタイプです。

                   

                  ♀クリスマス×♂黒爪ザラゴーサ

                   

                  ♀クリスマス×♂黒爪ザラゴーサ、上の写真とは色合いが異なるタイプです。


                  2017.05.14 Sunday

                  ブルーミニマとラウイを交配してみました。

                  0

                     

                    多肉ハウスで交配した新しいエケベリア実生苗の様子・・・・・13

                     

                    連休明けから旅行に出かけ、しばらく多肉ハウスを留守にしていたので、

                    先月に交配が終わったエケベリアたちの様子がとても気になります。種の袋がはじけてしまうと、

                    出来た種が落ちてしまい、折角の交配作業が失敗に終わってしまうので早く袋をかぶせないと・・・・・

                    気持ちは焦っていても多肉ハウスまでは電車で2時間以上、遠くてすぐには行けません。

                    ウォーキングで通る自宅の近くの植物センターには花の苗を育てている温室がありますが、

                    自宅から歩いてもたった5分ほどの距離、しかも大きさや設備がエケベリアの栽培には良さそうで

                    温室の前を通る度に「ここが多肉ハウスなら」と、いつも羨ましくなります。

                     

                    ♀ブルーミニマ×♂ラウイ、色んな顔に育っています。

                     

                    ♀ブルーミニマ×♂ラウイ、色んな顔に育っています。

                     

                    ♀ブルーミニマ×♂ラウイ、色んな顔に育っています。

                     

                    ♀ブルーミニマ×♂ラウイ、色んな顔に育っています。

                     

                     

                     

                     


                    2017.05.13 Saturday

                    シリウスとメキシケンシスを交配してみました。

                    0

                       

                      多肉ハウスで交配した新しいエケベリア実生苗の様子・・・・・12

                       

                      サンルームでは花盛りだったエケベリアたちがほとんど受粉を終え、庭の果樹も

                      りんごが受粉を終えました。今年は秋映の開花が遅く、しかも少なかったので早く咲いた

                      フジの花を取り冷蔵庫でしばらく保存しました。ようやく秋映が開花したので

                      すべての受粉作業が終わり、もう結果して膨らんできています。

                      小さな果実のアルプス乙女も自家受粉で結果しました。アルプス乙女を植えれば

                      りんごのどの品種とも相性が良いという間違った情報を信じて一緒に植えましたが、

                      フジ、秋映とも相性はよくありませんでした。3〜4年前に植えたレモンのリスボンが初めて開花、

                      植えてから20年以上の本柚子に今年こそ花が咲くのを心待ちしています。

                       

                      ♀シリウス×♂メキシケンシス

                       

                      ♀シリウス×♂メキシケンシス

                       

                      ♀シリウス×♂メキシケンシス

                       

                       

                       

                       


                      ▲top