陽だまりの多肉ハウス

旅先や公園、多肉ハウスの植物たちの輝く表情を・・・・・・

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.19 Thursday

ルノーディーンの葉挿しとカキ仔、夏を乗り切り育っています。

0

     

    今年春に葉挿しから出てきたルノーディーン、写真のように班が一部だけの苗とはっきりとした班は無く、

    うっすらと葉の真ん中にラインの入った苗が育っています。どちらもはっきりとした班入り葉から出てきましたが

    こんなに異なる子供が生まれるのも不思議で面白いです。同じ時期にカットした親株から出てきたルノーディーンの

    カキ仔、たくさん出ていましたが残って大きくなったのは写真の2コ、きれいな班入りと白い葉が多い班入り、

    まだ弱々しい葉のカキ仔ですが、これからサンルームで日差しをいっぱい浴びて寒い冬を乗り越えた後、

    早春にカットして植え込み、葉の厚いしっかりと締まった状態に育てたいと思っています。

     

    春に出てきた葉挿しのルノーディーン、一部だけの班入りです

     

    春に出てきた葉挿しのルノーディーン、一部だけの班入りです

     

    春に出てきた葉挿しのルノーディーン、はっきりとした班がありません

     

    カットした親株から出てきたカキ仔のルノーディーン

     

    カットした親株から出てきたカキ仔のルノーディーン

     

    カットした親株のルノーディーン

     

    カットした親株のルノーディーン

     

     

     

     


    2017.10.18 Wednesday

    パキポディウム・グラキリスが元気に育っています。

    0

       

      9月初めに種を蒔いたパキポディウム・グラキリス、気温が低い日が続き見た感じでは

      あまり大きな変化がありませんが写真に撮ってみると本葉が出てきているのが分かりました。

      冬は休眠期なのであまり水やりの必要はありませんが、苗が小さいので

      完全に水を切ることはしないで様子を見ながら霧吹き程度にしてみようと思っています。

      もう根が肥料分の入った土に届いていると思われるので寒い冬を乗り越えて温かくなる春先まで

      このまま枯れないように冬も温かく日当りの良い場所で見守って行きたいと思います。

       

      種を蒔いて45日目のパキポディウム・グラキリスの様子

       

      種を蒔いて25日目のパキポディウム・グラキリスの様子

       

      種を蒔いて25日目のパキポディウム・グラキリスの様子

       

      種を蒔いて25日目のパキポディウム・グラキリスの様子

       

      パキポディウム・グラキリス実生苗

       

       


      2017.10.17 Tuesday

      色合いが好き!鋭い葉先のエケベリア交配種。

      0

         

        朝と夜の気温が下がり、日差しが低くなって軒下のエケベリアたちが鮮やかになってきました。

        交配種のメキシカンジャイアントやラウイ系はサンルームに、ザラゴーサ系は軒下に並べていますが

        葉先の鋭い交配種、シリウス×メキシケンシスの葉先が真っ赤になってきました。

        そして写真のように交配式が同じなのに、淡いグリーングレイの葉色やカタチも少しづつ異なり

        予想できない面白さが出てきました。この苗も2015年春の交配種ですが、この年は交配作業も種蒔きも

        早い時期でそれが良かったのかどうか、原因は分かりませんがたくさん発芽して育ってきました。

        毎年同じような作業をして良い種ができたと思っても発芽率が良い年と悪い年があり

        発芽しなかった交配式のラベルや種蒔きの土を入れたスリット鉢をたくさん片づけるたびに

        新しい交配苗の誕生を楽しみにしていただけに毎回がっかりとしてしまいます。

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス

         

        2015年春の交配種、エケベリア♀シリウス×♂メキシケンシス


        2017.10.16 Monday

        淡路島・洲本で出会った多肉工房・優木園さんのエケベリア。

        0

           

          先日、淡路島洲本で行われた「第12回城下町洲本レトロなまち歩き」に行ってきました。

          懐かしく楽しい商品、懐かしい演出と香りのお店がいっぱい並び、

          小雨が降る中でしたがたくさんの人で溢れていました。そんな会場を散策していた時、

          多肉植物のお店を見つけました。淡路島の多肉工房・優木園さんがエケベリアなどたくさんの

          小さな多肉植物を販売されていました。早速入店して綺麗なエケベリアを購入、

          エケベリアを直接選べて購入できる機会が少ないので予定していない嬉しい出会いに感激しました。

          写真はこの日に入手したエケベリアたちですが、お店に並んだ色んな多肉たちも汚れが全くなく

          みんなとっても美しく、よく締まった状態の苗ばかりで感心してしまいました。

           

          ラウイ×シャビアナ Peregrina
           

          ラウイ×シャビアナ Peregrina
           

          Cuspidata Menchaca V Parrasensis Parras 実生

           

          Cuspidata Menchaca V Parrasensis Parras 実生

           

          コロラータ タパルパ実生

           

          コロラータ タパルパ実生

           

           


          2017.10.14 Saturday

          二年目のエケベリア交配種たちが美しくなっていました。

          0

             

            ここしばらくはパキポディウムやアフリカ亀甲竜の実生に夢中になっていましたが

            晴天が続いたサンルームでは2015年春に交配して種を蒔いたエケベリアの交配種たちが美しくなっていました。

            昨年の今頃は2号のスリット鉢から2.5号や3.0号のプラ鉢にたくさん植え替えていましたが

            ご覧のようにもう子供が出ている交配種がたくさんできてきました。

            これからどのように変化するのか分かりませんが、一年ごとの様子を撮影してブログに残して行こうと思っています。

            後から蒔いたアフリカ亀甲竜もまったく変化が無くて気になっていましたが、

            種を蒔いた半分程度が根を張り葉が上の方に伸びてきていました。

            予想以上に発芽率が良くてたくさん育てることができるので、それぞれどんな亀甲竜になるのか楽しみです。

             

            ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

             

            ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

             

            ♀レッドジャイアント×♂ザラゴーサSPノバ

             

            ♀コロラータ×♂原種エボニー

             

            ♀コロラータ×♂原種エボニー

             

            ♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

             

            ♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

             

            ♀リンゼアナ×♂ザラゴーサSPノバ

             

             

             

             


            2017.10.12 Thursday

            再び訪れた上高地は鮮やかな紅葉に染まっていました。

            0

               

              連休の最終日から乗鞍スカイライン・新穂高ロープウェイと上高地に行ってきました。

              初めての乗鞍スカイライン、標高2702mの畳平までの鮮やかな紅葉と穂高連峰の絶景を堪能しました。

              マイカーは走ることができないので高山からのバス旅行は快適で雲の下を抜け、雲の上を走る不思議な体験を味わいました。

              畳平を散策後、新穂高温泉に向かい、しらかば平駅から二階建ての新穂高ロープウェイで西穂高口まで7分間の空中散歩、

              標高2156mの展望台からの北アルプス大パノラマを望むはずが夕方で雲がかかってしまい、残念ながら

              真っ白なベールに包まれ北アルプス大パノラマは想像で終わってしまいました。それでも途中までの紅葉は想像以上で

              そのスケールの大きさにはびっくり。新穂高温泉の穂高荘山のホテルで宿泊して翌朝はいよいよ上高地へ、

              春の上高地が素晴らしかったので紅葉の上高地をどうしても散策したくて楽しみにしていました。

              予想ではまだ紅葉は早いとのことでしたが大正池にバスが到着し、色づき始めた景色に感動、ことばを失ってしまいました。

              今回も春と同じコースを河童橋まで透き通った梓川と紅葉を堪能しながらゆっくりと歩きました。

              毎回楽しい企画のクラブツーリズム、3回目のツアー参加でしたが今回も最高の思い出をありがとうございました。

               

              乗鞍スカイライン畳平、車が走れるこんなに標高の高い道路は他にはありません。

               

              新穂高ロープウェイしらかば平駅、真っ赤な紅葉の始まりです。

               

              新穂高ロープウェイ、眼下に広がる紅葉のグラデーション。

               

              槍・穂高連峰が一望の大露天風呂が最高でした!穂高荘山のホテル

               

              残雪が美しい春も感動した大正池、スケールの大きな秋の紅葉は更に美しく、驚きの連続でした。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              2017.10.11 Wednesday

              夏に幹上がりになりカットしたメキシカンジャイアントの実生苗たち。

              0

                 

                昨年の春に種を採り、実生で育ててきたエケベリアのメキシカンジャイアント、

                この夏の遮光で幹上がりになってきたのでカットして発根させることにしました。

                大き目に育った苗は幹上がりしていませんが、遮光し過ぎた小さな苗がご覧のようにたくさん

                出来てしまいました。ひと鉢づつ植え込むのも面倒なので取りあえず発根するまでは

                まとめて発泡スチロールの容器に種蒔きの土を入れて並べました。

                今春発芽したエケベリアの交配種も少しづつ肥料分の入った多肉の用土に小さなブロックに分けて

                植え替え始めました。鉢の三分の二まで多肉の用土を入れ、その上にやはり種蒔きの土を敷き

                そこに根を崩さないように土ごと置いて植え込みました。

                もちろんオルトランは多肉の用土にふりかけ、マグアンプKも同時に入れました。

                おかげでコナカイガラムシの被害はほとんど無くなり、元気に育てることができています。

                 

                昨年春に種を採り、実生で育ってきたメキシカンジャイアント。

                 

                たくさん育っていますが、夏に遮光して幹上がりしたのでカットして発根管理中です。

                 

                種蒔きの用土にルートンをつけて挿しましたが、上手く育ってほしいものです。


                2017.10.09 Monday

                アガベ・マクロアカンサ、刺された傷の数だけ家族が殖えていました。

                0

                   

                  もう10年ほど前に我が家にやってきたアガベ・マクロアカンサ、

                  その鋭くスタイリッシュな姿に一目惚れして入手、自宅の日当たりの良い窓際で4年、

                  そして多肉ハウスで6年間育ててきました。その間にカキ仔が数回生まれ、

                  上手く育ったのが写真の苗でした。普段は変化がないので写真を撮ることが滅多にありませんでしたが

                  この日はシルバーグレイが輝いて、とっても美しかったので親株とカキ仔を一緒に撮影してみました。

                  このマクロアカンサ、真っ黒な刺が鋭くて植え替えもカキ仔を外すのも手が傷だらけになってしまいます。

                  カキ仔から育てるのは日当たりに気をつければ難しくなく、真冬に室内の窓際に移動して

                  水やりを控えるだけで元気に育っています。みんな親株のように大きくなったらどうしようと

                  要らぬ心配をしながらもカキ仔たちの成長を楽しんでいます。

                   

                  もう10年近く育てている親株のアガベ・マクロアカンサ

                   

                  初めて育ったアガベ・マクロアカンサのカキ仔苗、大きくなりました。

                   

                  二度目に育ったアガベ・マクロアカンサのカキ仔苗

                   

                  三度目に育ったアガベ・マクロアカンサのカキ仔苗、今春親からカットしました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  2017.10.07 Saturday

                  アフリカ亀甲竜の根元に芋が出来てきました。

                  0

                     

                    植え替えたアフリカ亀甲竜が順調に育っています。

                    小さな芋も根元に出来てきて、あの不思議な亀甲竜のように育っていく過程が楽しみです。

                    他の方のブログを参考に、こちらの環境を考えて色々と試していますが

                    発芽後は腰水を止めて乾いたら水をあげる方が多いのですが、こちらは多肉ハウスに来るのが

                    毎日ではないので、日々様子を確認することができず腰水で試しています。

                    種蒔きから発芽まではパキポディウムに比べればゆっくりですが

                    ハート型の葉が可愛く、小さな芋の成長と変化がずっと楽しみになってきました。

                     

                    種蒔きから約1ヶ月、発芽して根元に芋が出来てきた、アフリカ亀甲竜実生

                     

                    種蒔きから約1ヶ月、発芽して根元に芋が出来てきた、アフリカ亀甲竜実生

                     

                    種蒔きから約1ヶ月、発芽して根元に芋が出来てきた、アフリカ亀甲竜実生

                     

                    種蒔きから約1ヶ月、発芽して根元に芋が出来てきた、アフリカ亀甲竜実生

                     

                     


                    2017.10.06 Friday

                    パキポディウムの実生苗たちが元気に育っています。

                    0

                       

                      先月初めに種を蒔いたパキポディウム・グラキリス、肥料の入っていない種蒔きの土に種を蒔き、

                      発芽してしっかりとしてきたので肥料の入った多肉植物の用土に植え替えました。

                      鉢の三分の二に多肉用土を入れ、カイガラムシ用にオルトランを撒き、その上に種蒔きの土を入れて植え込みました。

                      グラキリスと同様にブレビカリックス、デンシフローラム、ブレビカウレ(恵比寿笑い)も植え替えました。

                      先月中旬からの種蒔きはすべて肥料の入った多肉の土を下に入れたもので、そのまま植え替えずにすみそうです。

                      アフリカ亀甲竜も植え替えましたが、根の上にはもうかわいいイモができていて驚きました。

                      種を蒔いて約1ケ月、20粒蒔いて7本発芽していますが、残りの種も期待してもう少し様子を見たいと思っています。

                      写真は先日届いたパキポディウム・デンシカウレ(恵比寿大黒)、しっかりとしたパキポディウムで

                      まだ小さな実生苗たちの将来の姿の参考にしたいと思っています。

                       

                      最近入手した、パキポディウム・デンシカウレ(恵比寿大黒)

                       

                      パキポディウム・デンシカウレ(恵比寿大黒)、きりりとした姿がお気に入り。

                       

                      パキポディウム・デンシカウレ(恵比寿大黒)、発芽した苗も何年後にこんな姿に。

                       

                       


                      ▲top